ATEX ルルド マッサージクッション アイボリー AX-HL148IV
atex マッサージクッションの紹介サイトです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ATEX ルルド マッサージクッションAX-HL148PKの説明
●血行促進 疲労回復 筋肉の疲れをとる コリをほぐす

●もみ玉&ヒーター内蔵クッション誕生!

●4つのもみ玉が回転しマッサージをする。

ヒータ付きなので寒い日もポカポカ

●ふわふわソフトな風合いのカバー生地を使用。

心地よい肌触りで寛げる

●本体カバーは取り外して洗濯可能。

いつでも清潔に使用できる

●どの体勢でマッサージしてもフィット感が気持ちいい

ピラミッド形状
●マッサージ面にはもみ玉カバー付き。

もみ心地の調節やクッション時のカバーとして使える


●電源コードの抜け、
断線トラブルを防ぐ引っ張り防止ゴム付き

●本体カバーの中に電源コードを収納できるので

クッション時も邪魔にならない

●マッサージやヒーターの操作がボタン一つでOK。

どなたでも簡単に使用できる


アマゾンの詳細情報はコチラ ←









◆色違いもあります。
スポンサーサイト
ATEX ルルド マッサージクッションAX-HL148PKの概要
参考価格: ¥ 14,801
 ↓ ↓
激安価格: ¥ 6,000 通常配送無料
OFF: ¥ 8,801 (59%)

■ATEX ルルド マッサージクッションAX-HL148PKの仕様

サイズ:36cm×36cm×14.5cm(約2kg)、電源コード約1.8m
規格:[もみ数]30回/分、[ヒーター最高温度]最大50℃、[タイマー]15分自動OFF

付属品:ACアダプター

保医療機器認証番号:221AGBZX00224000

証期間:1年間




アマゾンの詳細情報はこちら ←









ATEX ルルド マッサージクッションAX-HL148PKはメーカーサポートが素晴らしい対応
どうやら最初のATEX ルルド マッサージクッションAX-HL148PKは、ハズレを引いてしまったらしく、
片方のモミ玉だけ布とキコキコ擦れる摩擦音が異常に大きく、 とても他の皆さんの仰るような「静かな動作音」からは程遠いものでした。


マッサージ機能自体には問題なかった為、

初期不良と認められるかどうか心配でしたが、

メーカー(製造元のアテックス社)に電話したところ

快く返品交換に応じて頂きました。

電話して2日後に新品が自宅に届き、

配送業者に問題の商品を代わりに手渡して交換完了。

非常にスムーズな流れで、煩わしい返送手続きを行う手間は

一切かかりませんでした。

通常でしたら本当に初期不良に当たるかどうか確かめる為に

一旦、メーカーに返送し、

メーカーが点検調査した上で交換品が送られてくる、

という流れですよね。

メーカーの誠意あるサポートに感謝です。新しく届いた商品は静かで快適です。



アマゾンの詳細情報はこちら ←









こんな口コミ情報を頂戴いたしました。
ATEX ルルド マッサージクッションAX-HL148PKすごくいいですね。

値段が8000円を切っているので期待してない方、
侮れませんよATEX ルルド マッサージクッションAX-HL148PK。

家電量販店で使い比べてみましたが、

ATEX ルルド マッサージクッションAX-HL148PKの

もみ心地は少なくとも10万円以下の商品より優れていました。

非常にコンパクトなので、家にある椅子で使ったり、

布団の上で使ったりと持ち運びが便利です。

何気に音感マッサージ機能つきなのも幸せ。

私は肩こり、

腰痛から来る頭痛に悩まされていたので、

ATEX ルルド マッサージクッションAX-HL148PKは

救世主となりそうです。

あまりに良かったものですので、親にも買ってあげようかと思います。




アマゾンの詳細情報はこちら ←









ATEX ルルド マッサージクッションAX-HL148PK 口コミ
ATEX ルルド マッサージクッションAX-HL148PKは、

マッサージチェアを考えると格安!

しかもなかなかのもみ機能。

10分ほどで自動で切れるのもいい機能。

足の裏や手のひらもほぐせるので、マッサージチェアより

使いやすいかも。

なぜか子供たちにも人気がある


ATEX ルルド マッサージクッションAX-HL148PKです。
手で持つタイプのマッサージ器具は以外と重くて、

手がだるくなりますが、

ATEX ルルド マッサージクッションAX-HL148PKなら

楽ちん!
あとは耐久性がどれほどあるかがこの商品の価値の決め手になるのかな。



アマゾン詳細情報はここ←










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。